CSRニュース

「EE東北2016」に出展しました(伊勢崎事業所)

2016年6月23日

ブースは大盛況でした。ブースは大盛況でした。

伊勢崎事業所 開発部 複合材料グループは、6月1日、2日に夢メッセみやぎ(宮城県仙台市)にて開催された「EE東北2016」で、コンクリート構造物の補修材料(開発品)を2種類紹介しました。EE東北2016は、建設事業の新材料、新工法、その他時代のニーズに対応して開発された新技術を公開する展示会です。

今回展示した材料は5℃からマイナス40℃まで短時間硬化を実現し、濡れた面でも接着性が良好といった特徴があり、防寒養生や下地乾燥が不要といったメリットがあり、工期短縮やトータルコスト削減が期待されます。

2年連続2回目の出展となった今年は、試験施工の映像が人目を惹き、行政関係者や施工業者、商社など、様々な職種の方から大きな関心が寄せられました。ブースへの来場者は去年よりも増え、2日間とも大盛況でした。

伊勢崎事業所では今後もこのような機会には積極的に参加していきます。