CSRニュース

消防競技会予選大会を開催しました(川崎事業所)

2016年7月19日

川崎事業所では、4月14日、扇町地区にて消防競技会予選大会を開催しました。

当事業所では、従業員の消火技能向上のために毎年年末に消防協議会選抜大会を開催していますが、その予選大会を扇町地区・大川地区大会、千鳥地区大会で各々開催し、上位チームが選抜大会に出場することになっています。今回の扇町地区・大川地区予選大会には、合計14チームがエントリーし技能を競いました。

競技では、1チーム3名で、延長したホースを用いて火事に見立てた的を放水して倒し、ホースを元通りに収納するまでの迅速さと正確さを競います。競技中、ホースのよじれや巻きの不良、伝達の不良等があった場合は減点タイムとなり、競技タイムと減点タイムを合算した総合タイムにより順位を決定します。
本地区大会の7チームが、年末に開催予定の選抜大会に進出となります。

今後も川崎事業所では自衛消防隊の技能向上に取り組んでいきます。

消防競技会地区大会02)競技の様子。3名が協力してホースを素早く延長します。競技の様子。3名が協力してホースを素早く延長します。

「火」の的を狙って放水!「火」の的を狙って放水!