CSRニュース

アルミ缶リサイクル活動による収益金を寄付しました(喜多方事業所)

2016年7月20日

6月28日、昭和電工(株)喜多方事業所では、2014年-2015年のアルミ缶リサイクル活動で集まった収益金(126,120円)を、喜多方市社会福祉協議会へ寄付しました。

同協議会は、2011年の東日本大震災発生時、被災者の受け入れや炊き出しなどを行ったほか、全国各地の災害時のボランティア派遣、一人暮らしのお年寄り宅への冬季除雪ボランティア派遣などに取り組まれています。今回は、地域の社会福祉の発展に役立てて頂きたいという思いから寄付先としました。
今回の寄付金は、地域のお年寄り対象のいきいきサロンや社会福祉講座の開催、子育て支援事業であるおもちゃ図書館などの福祉活動の運営資金に役立てられるとのことでした。

今後もアルミ缶リサイクル活動を推進し、地域社会へ貢献していきたいと思います。

喜多方市社会福祉協議会長へ目録を渡しました。喜多方市社会福祉協議会長へ目録を渡しました。

いきいきサロンの様子(月1回の開催)いきいきサロンの様子(月1回の開催)