CSRニュース

市原市『環境の月』 地元小学生を工場見学に招待しました(千葉事業所)

2016年7月22日

昭和電工(株)千葉事業所・昭和電工エレクトロニクス(株)では、6月13日、市原市立五所小学校5年生2クラス計40名の皆さんを工場見学に招待しました。

市原市では6月を『環境の月』と定め、市からの要請を受けて市内臨海部の企業が環境への取り組みについての理解活動の一環として地元小学生の工場見学を行っており、千葉事業所・昭和電工エレクトロニクスは近隣2社と協働して実施しています。

当日は、五所小学校の体育館にて各社の概要や環境への取り組みについて説明した後、各社を順に見学してまわり、当社ではハードディスク生産ラインのウインドウツアーと事務所を見学していただきました。環境月間にちなんで「クールビズ」「照明の一部LED化」「エレベーターの稼働制限」などの取り組みを紹介しました。

ウインドウツアーではクリーンウエアに身を包んだ従業員の姿を見て驚いた子供達の様子は、とても微笑ましく見えました。広い事務所・食堂を見て「この会社で働きたいです!どうしたら入れますか?」と嬉しい質問をもらいました。当社を知っていただくよい機会となり、今後も継続していきます。

五所小学校の体育館にて会社概要などを説明しました。五所小学校の体育館にて会社概要などを説明しました。

ウインドウツアーを行いました。ウインドウツアーを行いました。