CSRニュース

清流錦川(周南流域)一斉清掃大作戦に参加しました(徳山事業所)

2016年8月17日

森林浴にもなる清掃活動でした。
森林浴にもなる清掃活動でした。

徳山事業所では、7月24日に「清流錦川(周南流域)一斉清掃大作戦」に参加しました。

この活動は、国の名勝の指定となっている錦帯橋が架かる錦川の自然環境の保全と流水の正常な機能維持を図ることを目的に、川の上流域である周南流域の清掃を行い下流域へのゴミ等の流出を防止することを目的に「錦の清い川を保全する協議会」が毎年実施している活動です。

徳山事業所は後援である周南地区工水利用者協議会の一員として毎年この活動に参加しています。

2013年から3年連続で雨のため中止となったこの活動ですが、今年はお天気に恵まれ、関係者総勢約600名が各担当場所に分かれ久しぶりの清掃活動に取り組みました。

徳山事業所からは8名が参加し約2キロの山の中の道路をゴミを拾いながら歩きました。朝から気温の高い暑い日でしたが、休憩をとりつつ時には山にアケビや蛇を見つけて驚いたりしながら、協力し合い取り組みました。山の中の道路のせいかポイ捨てと思われる空き缶やペットボトルが多く、配付されたゴミ袋はすぐにいっぱいになっていました。

徳山事業所では今後もこのような地域のボランティア活動に積極的に取り組んでいきます。