CSRニュース

小学生の工場見学を行いました(昭和電工セラミックス 富山工場)

2016年11月11日

化学実験の様子化学実験の様子

昭和電工セラミックス(株)富山工場では、10月4日に近隣の萩浦小学校を対象とした工場見学会を実施し、5年生31名が参加しました。

工場説明の後の工場見学では球状アルミナを製造する炉の火炎や球状アルミナの粒子の顕微鏡画像を見てもらいました。

続いて、液体窒素を用いた化学実験を行い、液体窒素で凍らせたテニスボールで釘を打ったり、キャベツや花を凍らせて手で砕いたりしました。一生懸命にメモを取る子供たちの姿が印象に残っています。
また、見学の途中では水路の金魚を見たり除草のために来ているヤギに餌をあげたりして動物たちとの触れ合いも体験してもらいました。笑顔がたくさんみられる和やかな雰囲気でした。

見学の後は、昭和電工グループのオリジナル鉛筆(スローガン「具体化。」のロゴ入り)、缶ジュース(昭和電工グループ製であることを示す昭和電工シンボルマークが印刷されているアルミ缶使用)、同じ敷地内にある昭和電工研装の製品が使われているスポンジたわしをお土産にお持ち帰りいただきました。天気も良く、見学日和のよい一日でした。