CSRニュース

防災訓練を実施しました(小山事業所)

2016年10月31日

10月12日、昭和電工(株)小山事業所では、総合防災訓練を実施しました。訓練には、昭和電工(株)小山事業所、昭和電工HD山形(株)(小山)、(株)ケーヒン・サーマル・テクノロジーの従業員のほか、場内協力会社も含め、約400名参加しました。

今回の防災訓練は、小山市消防署大谷分署にご協力いただき実施しました。第1部では大地震が発生し火災が発生したことを想定とした地震総合防災訓練で、非常対策本部・自衛消防本部隊の召集・設置、各部署の初期対応行動の確認、各地区隊の緊急避難行動の訓練を行いました。消防署の講評では、シナリオに沿って非常にスムーズな行動ができているので、次回は、複合的な災害発生に対応できるようレベルを上げた訓練をしてみてはいかがでしょうか、とご指導いただきました。

第2部では、大谷分署のご指導のもと、消火器作業・消火栓の操作方法について講習会を開催し、各地区消火班担当が参加しました。屋外消火栓の操作説明では、参加者たちは4人1組となり、仕組み・器具の取付などを確認し、「水圧が高いので水の放水時は合図(意思疎通)をしっかり行う」などの指導を受けて、熱心に訓練に取り組みました。

今後も、様々な事態を想定した防災訓練行うなど、緊急時に迅速に行動できるよう対応してまいります。

非常対策本部非常対策本部

消火器作業訓練消火器作業訓練