CSRニュース

アルミ缶リサイクル活動で木製書架1台を寄付しました(昭和電工セラミックス 塩尻工場・昭和ファインセラミックス)

2016年12月26日

贈呈の様子贈呈の様子

昭和電工セラミックス(株)塩尻工場、昭和ファインセラミックス(株)では、12月1日、塩尻市立洗馬小学校に、アルミ缶リサイクル活動の収益金で書架を寄付しました。一昨年より地域の次世代育成支援により力を入れていくこととし、市の担当者と相談して小中学校で必要な備品を寄付することになりました。

贈呈では、アルミ缶リサイクル活動の取り組みの紹介、寄付に至った経緯を紹介しました。寄付した書架は早速、図書館に設置し転倒防止対策をしてから本を順次に並べていくとのことでした。校長先生には、「書架は木製が一番いい。プラスチックも使用しているが、温かみが全然違う。これを機に学校も頑張りたい」とおっしゃっていただきました。

アルミ缶リサイクル活動を通じて、地域の学校教育の充実に少しつながったかと思います。
今後もアルミ缶リサイクル活動の収益金は市内の全小中学校に順次必要な物を届けていきます。