サステナビリティニュース

マレットゴルフ大会を開催しました(昭和電工セラミックス 塩尻工場)

2018年5月24日

写真:マレットゴルフブレー中の様子

マレットゴルフブレー中の様子

昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では、5月11日、工場に隣接するマレットゴルフ場*でマレットゴルフ大会を開催し、平出区マレットゴルフ協会の会員12名と当社従業員36名の計48名が参加しました。この企画は近隣にお住まいの方々との交流、従業員同士のコミュニケーションを深めながら体を動かすことで日頃の運動不足を解消することを目的としており、今年で3年目になります。

従業員3名+平出区マレットゴルフ協会1名の計4名1チームで、12チームによる対抗戦を行いました。初めてプレーする方や日頃プレーしている方などさまざまでしたが、プレーしていく中でマレットゴルフの面白さや難しさを感じることができ、参加者のみなさんが自然と夢中になっていく姿が印象的でした。

ゲーム終了後は工場隣接の焼肉コーナーにて表彰式と懇親会を行い、参加された方々とさらに懇親を深めることができました。今後も地域との繋がり、従業員のコミュニケーションの場を大切にしていきます。

*マレットゴルフとは
スティックとボールを使って、決められた地点からホールへ、できるだけ少ない打数で入れることを競うスポーツです。マレットとは木づちという意味で、木づちを使ってボールを打ち、ゴルフのルールで競技をするという意味から、マレットゴルフと名づけられました。

ページトップへ