CSRニュース

「ハラスメント防止に向けて」メンタルヘルス講習会を開催しました(横浜事業所)

2019年12月3日

横浜事業所では、こころの健康づくりへの理解を深めることを目的に毎年講師をお招きし、メンタルヘルス講習会を実施しています。
10月16日、今回講師には一般社団法人日本産業カウンセラー協会からシニア産業カウンセラーの先生にお越しいただき、「ハラスメント防止に向けて~一人一人ができること~」をテーマにメンタル不調を起こす原因やハラスメントの基礎知識についてご講演いただきました。

まずはじめに、様々なストレスの刺激(ストレッサー)がメンタル不調を起こす原因であり、過剰ストレスが心理的・身体的反応となって現れることをお話頂きました。ストレスの原因のランキングでは「仕事上のこと」が上位にあがり、職場の人間関係が大切であることを再認識しました。

ハラスメントについては「セクハラ」「パワハラ」といったよく知られているもの以外にも「ブラッドタイプハラスメント」「ヌードルハラスメント」など初めて耳にするような様々な種類があり、個人の意識の差や人に対する思いやりの欠如がハラスメントに繋がってしまうことを学びました。

また、社内で起こるハラスメントについても「パワハラ」と「指導」の違いやハラスメントを起こさないためのポイントについて触れ、日頃からのコミュニケーションの重要性や、お互い何でも話せる職場づくりを心掛けることが大切だということがよくわかりました。

横浜事業所では今回学んだことを日頃のコミュニケーションに役立てて、ハラスメントのない職場づくりをしていきます。

写真:講習会の様子

講習会には多くの参加者が集まりました

写真:講演の様子

講演の様子

ページトップへ