CSRニュース

全日本物流改善事例大会2020「優秀事例賞」を受賞しました

2020年9月10日

記念のクリスタル

7月、昭和電工は公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会主催の全日本物流改善事例大会2020における優秀事例賞を受賞しました。

全日本物流改善事例大会は、“作業の効率化” “小集団活動” “物流システム改善”など、各社で取り組まれた物流改善の事例を集い、その中から優秀な事例を選出する大会です。当社は、「龍野事業所を活用した徳山事業所製品の容器回収費削減(または効率化)」と「昭和電工(株)徳山事業所と(株)トクヤマの同一納入先への共同輸送」の事例で優秀事例賞を受賞しました。

新型コロナウィルスの影響により、5月開催予定であった最優秀事例を選出するための事例発表会と授賞式は見送られましたが、7月に記念のクリスタルが授与されました。

新型コロナウィルス禍においても、日本国内における深刻なトラックドライバー不足の問題は続き、製造業としての企業活動を継続するためには依然として持続的・安定的な物流確保が必要です。今後も当社グループが取引先や物流業者と協力し物流効率を高めていく活動を推進してまいります。

ページトップへ