サステナビリティニュース

地域の清掃活動に労使合同で参加しました(川崎事業所)

2020年10月20日

9月25日、昭和電工ユニオン川崎支部と昭和電工㈱川崎事業所は合同で、地域の清掃活動である「市内統一美化活動」に、新型コロナウイルス感染防止対策を実施のうえ参加しました。

この「市内統一美化活動」は、川崎市内の町内会や労働組合、企業が合同で例年9月に実施している清掃活動で、毎回昭和電工ユニオン川崎支部と川崎事業所の合同で積極的に参加しています。

今回から千鳥地区も加わり、労使合計85名が参加しました。扇町・大川地区は13時から、千鳥地区は16時から約1時間の清掃活動を実施し、各事業所周辺の道路沿いのゴミ拾いや除草、堆積した土砂の収集等に取り組みました。扇町地区では、日頃通勤で利用しているJR鶴見線 扇町駅や昭和駅周辺の清掃も行いました。

清掃開始時、道路の路肩には車両や風雨によって運ばれた土砂が堆積し、雑草が生い茂っていたほか、ポイ捨てされた空き缶・ペットボトルやたばこの吸い殻が散見される状態でした。約1時間の清掃活動が終わるころには、ゴミ袋や土のう袋にたくさんのゴミや雑草、土砂が集まり、清掃活動に取り組んだ道は、すっきりときれいな景観になりました。

川崎事業所は、社会貢献の一環、そして地域の美化のため、今後もこのような活動に積極的に参加していきます。

扇町地区の清掃風景

大川地区の清掃風景

千鳥地区の清掃風景

 

ページトップへ