サステナビリティニュース

2020年第3回総合防災訓練を実施しました~コンビナート防災力強化を推進~(大分コンビナート)

2020年12月21日

11月4日(水)、大分県が主催する「大分地区石油コンビナート等特別防災区域総合防災訓練」が、大分石油化学コンビナートを会場として実施されました。

訓練に際しては、当コンビナートの総合防災訓練の一環とすると共に、大規模火災における当コンビナート非常対策組織と大分県防災組織など、公設機関との連携活動確認訓練と位置付け、大分県、大分東警察署、大分市、大分市消防局、大分市東消防署、日本赤十字大分県支部、大分地区石油化学コンビナートなど特別防災区域協議会、大分海上保安部、自衛隊などが参加し、連携行動を確認しました。

訓練内容は、大分地方を震源とする強い地震が発生したことにより、①屋外タンクの送液配管が破損し、何らかの原因により着火し火災が発生したことを想定した初期消火訓練、②隣接するタンク老朽化対策工事中の足場が倒壊し、多数の負傷者が発生したことを想定した負傷者救出、救護、搬送活動訓練を行いました。

また、コンビナート周辺地域の皆様や報道関係者の方もご招待し、訓練の様子を見学していただきました。

これからも実践的な訓練を重ねることにより、コンビナート防災力強化を推進していきます。

総合防災訓練の様子

ページトップへ