サステナビリティニュース

総合事務所避難訓練を実施しました~緊急階段避難車「レスキュースライダー」を初導入~(大分コンビナート)

2021年1月12日

2020年12月9日、 平日昼間の総合事務所災害発生時の非常時対応として、火災を想定した避難訓練を行いました。

総合事務所3階の居室にて漏電火災が発生したことを想定し、13時に火災報知器が鳴り響き訓練が始まりました。3階の防火扉及び防火シャッターを閉めた後、ヘルメットを被り、すばやく総合事務所から離れ、道路を隔てた食堂へと避難しました。タブレット端末を利用した安否確認を実施し、訓練は無事終了しました。

今回は初めて緊急階段避難車「レスキュースライダー」を導入し、歩行困難者が非常時に階段を利用して安全に避難する訓練も行いました。

今後も万が一の際、迅速な対応ができるよう訓練を続けていきます。

レスキュースライダー使用訓練

防火シャッターを閉める様子

ページトップへ