サステナビリティニュース

「愛の献血」を実施しました(大分コンビナート)

2021年3月26日

献血カー

2月24日、大分コンビナートにおいて、日本赤十字社大分県支部による「愛の献血」を実施しました。

大分コンビナートでは、年3回献血を実施しています。毎回、従業員が利用する食堂や出入口にポスターを掲示し、血液確保の厳しい現状を放送するなどして献血活動への協力を呼び掛けています。今回は79名が献血に協力しました(受付は84名)。

1970年に開始した献血活動は今年で51年目となり、献血協力者数は延べ17,404名となりました。

これからも献血活動を通して地域社会に貢献していきます。

ページトップへ