社会サプライチェーン

CSR調達

基本的な考え方・方針

私たちは現在、資源枯渇、エネルギー問題をはじめとする環境問題の他、人権問題や企業倫理・コンプライアンスに関する問題など、さまざまな社会的課題に直面しています。
当社グループは、自らの事業活動、製品・サービスの提供を通じて、これらの社会的問題の解決に努め、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献しています。他方、当社グループの事業活動は多岐に亘り、またサプライチェーンもすそ野が広がっています。これらの取り組みは当社グループの努力のみならず、当社グループが関係する全てのステークホルダーの皆さまのご理解とご協力が必要です。
当社は、この考え方のもと、「昭和電工グループCSR調達ガイドライン」を定め、これを国内外すべての当社グループのお取引先や商社の皆様(パートナー)と共有し、協働で遵守することでお互いの企業価値向上を目指しています。

2019年の取り組み

CSR自己診断

■ 2019年 CSR自己診断結果(項目別平均点) 2019年自己診断 平均点

当社グループCSR調達ガイドラインの内容に関して、年間400社前後のパートナーに自己診断票に回答していただくことで、CSRの取り組みをパートナー自身で確認していただいています。主要な既存パートナーには3年に1回、原則新規パートナーにはすべて取引開始時に回答していただいています。2019年は全体において91%の回答率となりました。
CSR自己診断票の内容は2018年に見直しを行い、「社会的責任(CSR)推進全般」「品質・製品安全」「企業倫理・コンプライアンス・公正取引」「環境保全」「職場の安全・衛生」「人権・労働」「情報セキュリティ」「社会貢献」「持続可能な調達」の9項目とし、海外版と国内版を統一しました。

CSR訪問

■ CSR訪問件数CSR訪問件数

毎年40社前後のパートナーを訪問しており、2019年は46社を訪問致しました。2010年の取り組み開始以降、累計で463社のパートナーを訪問しています。

フォローアップ

「CSR自己診断」「CSR訪問」を実施したパートナーのCSR取り組み状況を集計した上で、個々のパートナーが全体平均・業種別平均に対してどのようなレベルかを明示し、また改善に向けたアドバイス等をまとめたフィードバックレポートを、診断を実施したパートナー全社に送付しました。

■ 2019年「CSR自己診断」の総合平均点と改善への取り組み

  件数比率改善への取り組み
総合平均点 59.0     回答企業全社へ、全体平均・業界平均との比較、
改善希望等を加えたフィードバックレポートを送付
50点以上   247 72% 改善を要する項目についての取り組み、
および高得点項目の更なる充実を依頼
30~50点未満   78 22% 改善を要する項目についての取り組みを依頼、
当社からの改善施策の提案
※必要に応じて訪問し、双方の取り組みについて意見交換
 次回の自己診断において改善状況を確認
30点未満   20 6% 改善を要する項目についての取り組みを依頼、
当社からの改善施策の提案
※必要に応じて訪問し、早期の改善に向け協議
 次回の自己診断において改善状況を確認

購買担当者の研修

CSR調達の実践にあたっては、購買業務に携わる当社グループメンバーの意識向上とスキル向上が重要と考えており、各種の研修・勉強会の教育活動を行っています。コンプラインスの概念、独禁法・下請法・関税法・外為法・民法等の各種法令、購買手順・承認権限等の社内規定など、さまざまなテーマを取り上げ、事業所・事業部の購買担当者のレベルアップを図っています。2019年はグループで延べ1,051名が購買に関する研修を受講しました。

今後に向けて

企業の調達活動においては、経済環境の変化に対して柔軟な取り組みが必要であることはもちろんですが、同時に様々な社会的課題にも対応できるものでなければなりません。当社は今後も企業としての社会貢献という使命を果たすべく、CSR調達の実践に努めていきます。

ページトップへ