社会サプライチェーン

ホワイト物流の推進

基本的な考え方・方針

ホワイト物流とは、物流業界の労働環境の向上を目指し、2019年3月に国土交通省・経済産業省・農林水産省が開始した取り組みで、以下を目的としています。

  1. 1トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
  2. 2女性や60代以上も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現

ホワイト物流は、物流業界の働き方改革ともいえる運動であり、その実現には荷主のコンプライアンスが重要になっています。 当社はこの運動に賛同し、2019年5月、化学業界の先頭を切って自主行動宣言を行い、その実現に取り組んでいます。

ページトップへ