従業員の安全と健康

マネジメント

基本的な考え方・方針

当社グループでは、「安全」は全てに優先して取り組む事項であり、 “製造業であり続けるための資格”、そして“事業継続の基盤”であると捉えています。 従業員の労働災害の撲滅を図るため、「創る安全」活動*を推進し、PDCAサイクルを回しながら、当社グループおよび協力企業を含むすべての関係者が一体となって無事故・無災害達成を目指しています。 また、設備に係る適切なリスク管理により、設備事故の未然防止を図っています。

そして、従業員が安心していきいきと働くためには、一人ひとりが自分や家族の健康を大切に考えることが重要です。従業員の健康意識の向上と健康保持・増進のため、適切な体制の構築と各種施策を実施します。

*「創る安全」活動:社内外の過去の事故・災害を解析し、得られた教訓を「創る安全チェックリスト」としてまとめ、リスク抽出の視点や教育資料として活用することで繰り返し事故を防止するための取り組み

推進体制

社長をはじめとする会社の代表者と労働組合の代表者が参加する労使経営会議(労使経営コミッティ)において、安全衛生に関する協議を毎年行っています。 また、各事業場では労働安全衛生法に基づいた安全衛生委員会等を設置し、会社と労働組合のメンバーが安全衛生に関するディスカッションや職場のパトロール等を行うなど、労使一体となった安全・従業員の健康促進活動に取り組んでいます。 事業部・事業場が行う安全衛生の取り組み・進捗は本社スタッフ部が支援する体制をとっています。

なお、当社グループでは拠点ごとに“労働安全衛生システム”認証を取得しています。


安全衛生教育

労働災害の撲滅、また、ベテランの退職や人の入れ替わりによる安全・環境管理の劣化を防ぐため、管理者・監督者及び作業者の安全感度向上は喫緊の課題となっています。事業場ごとに安全教育の年間計画を作成・実行するとともに、教育の浸透度の把握に努めています。また、協力企業の災害撲滅に向けて、協力企業の教育カリキュラムの支援を計画的に実施しています。
以下は、本社が主催した労働安全関連の集合研修です。事業場からの出席者は、研修内容を各職場に持ち帰って安全活動に活かしています。

■ 本社主催 2019年労働安全衛生関連研修会出席者数
開催日研修会名対象者出席者数
2019年2月

ISO45001 (労働安全衛生マネジメントシステム)
内部監査員研修

事業場希望者 24
2019年4月 新入社員RC研修 新入社員 62
2019年7月 労使共同安全研修会 事業場製造部長、組合支部長 60
2019年11月 新任製造課長等RC研修会 新任製造課長等責任者 27
2019年11月 転倒・転落災害防止のための身体機能向上セミナー 事業場環境安全担当者等 16
2019年12月 工務部安全交流会 事業場工務(保全)担当課長 21

労働安全衛生教育 事例(1)「労使共同安全研修会」

労使共同安全研修の様子小山事業所の危機体感教育の紹介

2019年7月24、25日の二日間、昭和電工(株)小山事業所に国内グループ事業場の労使代表合わせて60名が集まり、「労使共同安全研修会」を行いました。
当研修会は「安全を最優先する職場の風土を労使が協働して作ること」を目的に、2003年から各事業場を訪問して開催しているもので、今回で16回目となりました。
2019年は内容や参加対象者を一新し、以下のような研修会を実施しました。

  1. (1)他事業場の良好事例を自職場に持ち帰った後、確実に水平展開に結びつくよう、会社側は各事業場製造部長クラス、ユニオン側は各支部長執行部役員以上の方が参加し、情報交換を行いました。
  2. (2)従来は設備・作業の改善を中心にリスクアセスメント手法を用いたプログラムを軸とした研修をしていましたが、行動災害の頻発などを受け、災害の人的要因の解析方法や従業員の安全感度を高めるための取り組みなど、人的要因をテーマの中心としたプログラムとし、良好事例や悩みなどの情報共有を行いました。
  3. (3)事前課題から当日の討議、事後課題まで、同じ事業場の会社側・ユニオン側出席者が話し合う機会を作り、自事業場での安全の取り組みの方向性について労使で意見を合わせやすいようにしました。

労働安全衛生教育 事例(2)「転倒・転落災害防止のための身体機能向上セミナー」

転倒・転落災害防止セミナーの様子運動テストの様子

2019年11月25日、本社にて事業場環境安全担当者に向けた中央労働災害防止協会の講師による転倒・転落災害防止セミナーを実施しました。 本セミナーは、昨今高年齢者の労働災害が多発傾向にあること、また転倒災害も型別の分類で高い比率で発生していることを鑑み実施しました。 「加齢による身体機能低下による労働災害の防止」についての理解を深めるとともに、簡単な運動テストを伴う「身体機能のセルフチェック手法」を学びました。2020年にも継続して実施しています。


労働安全衛生教育 事例(3)「メンタルヘルス ラインケア研修会」

ラインケア研修会の様子研修会の様子

2019年9月18日、昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では、キューブ・インテグレーションより講師を迎え、「塩尻地区管理職向けラインケア研修会」を開催し、27名が参加しました。 まず、基礎知識としてラインケアとは何か、不調者への対応方法、注意すべきハラスメントについて受講しました。その後、講師より挙げられた2つの事例について、一人ひとりが事例全体の問題点、自分が上司だったらどのように対応するかなどを考え、同じグループのメンバーに共有し、活発な意見交換が行われました。

ページトップへ