ニュースリリース

Jリーグ大分トリニータとのユニフォーム(鎖骨)スポンサー契約締結

2019年12月23日

 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、サッカーJリーグ所属の株式会社大分フットボールクラブ(以下、大分トリニータ)と、下記の内容にてユニフォーム(鎖骨)スポンサー契約を決定しましたのでお知らせいたします。

1.契約内容

(1)契約内容
大分トリニータユニフォーム(鎖骨)、大型ビジョンなど
(2)契約期間
2020年2月1日~2021年1月31日(1年契約)

2.スポンサー契約の目的

写真右:大分トリニータ 榎社長、
同左:昭和電工社長 森川

 当社グループは、全てのステークホルダーにご満足いただける「社会貢献企業」の実現を目指し、CSR(企業の社会的責任)を果たすべく、さまざまな取り組みを進めております。特に国内の各拠点においては、子ども向けの化学実験教室や工場見学などを通じ、地域社会との対話を図っております。また、当社グループの中核事業の一つである大分石油化学コンビナートは、1969年にエチレンプラント操業を開始して以来50年にわたり、地域社会との共存共栄を図ってまいりました。

 大分トリニータもまた地域密着型チームとして、地域の活性化・スポーツ振興に大きく貢献していることから、同チームへの支援が当社のCSR活動のさらなる向上につながると考え、本拠地スタジアムの命名権取得に加え、今般ユニフォームスポンサーとして支援することを決定いたしました。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室   03-5470-3235

ページトップへ