ニュースリリース

2020年入社式社長訓示(要旨)

2020年4月1日

世界トップレベルの機能性化学メーカーになる

写真:代表取締役社長 森川宏平代表取締役社長
森川 宏平

 現在の中期経営計画である「The TOP 2021」は、昭和電工グループが成長に大きく舵を切り、一流を目指して歩み始めることを宣言したものだ。

 さらに昨年末、当社は日立化成グループをパートナーとして、新たな一歩を踏み出すことを決断した。我々は、「世界トップレベルの機能性化学メーカー」になるという明確な目標を掲げ、創業者 森矗昶の座右の銘「不撓不屈」を受け継ぐやり遂げる力で、この不確実な時代を乗り越えていく。

 当社グループの一人ひとりの従業員は、この目標を本気で目指し、前進し続ける。共に頑張っていこう。

価値創造の主役に求める3つの行動

 当社グループのミッションは「すべてのステークホルダーを満足させる」ことである。その実現のために、しっかりした「今」と期待の持てる「将来」を示すことが必要である。共に未来を担い企業価値を高めていくため、次の3つの実行を求める。

  1. 1.考える
    新入社員の皆さん自身だけでなく会社の成長に向け、「今の自分に何ができるか」、世の中が「何を求めているか」、自分たちが「どうあるべきか」、そのために「何が不足しているのか」を考える、バックキャスティングの視点を常に意識すること。
    そのためには広い視野で最新の情報を入手し続け、感度を鈍らせないよう努力を惜しまないでほしい。
  2. 2.有言実行
    掲げた目標を言葉にし、必ず実行すること。困難が伴っても簡単にあきらめずに、覚悟と責任をもってこれからの仕事に取り組んでほしい。
  3. 3.こころを、社会を「動かす」
    当社にとって、ステークホルダーの中でも従業員を最も重要と考えるのは、当社グループの価値創造の主体であり、他のステークホルダーへ価値を提供することができる唯一の存在であるからだ。価値創造の主役である皆さんに、世の中に感動を与えるような、こころを、社会を「動かす」行動を期待する。

◆ 報道機関お問合せ先:
CSR・コミュニケーション室 03-5470-3235

ページトップへ