ニュースリリース

パワー半導体向けSiCエピタキシャルウェハーについて Infineon Technologiesと販売および共同開発契約を締結

2021年5月6日

 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、自動車向け、産業向けに半導体ソリューションを提供するグローバル企業であるInfineon Technologies AG(ドイツ、以下、インフィニオン社)とこの度、パワー半導体向けSiCエピタキシャルウェハー(以下、SiC)に関する今後2年間(延長オプション付き)の長期販売および共同開発に関する契約を締結いたしました。

 今回の契約締結により、インフィニオン社の有する幅広いパワー半導体製品への当社SiCの搭載が期待できることに加え、製品開発において両社の知見を合わせることで、製品の品質向上を加速してまいります。 当社のSiCは、2009年の上市以来、特性均一性注1、低欠陥密度注2といった優れた特徴によりシステムサーバーの電源や鉄道車両、太陽光発電システム用インバーター、電気自動車の高速充電スタンド用コンバーターなど様々な用途に採用されてきました。

 当社グループは、世界最大(当社推定)のSiC外販メーカーとして、“ベスト・イン・クラス”をモットーに、急拡大する市場に高性能で高い信頼性の製品を供給し、SiCパワー半導体の普及に貢献してまいります。

以上

なお、インフィニオン社からリリースされたステートメントを添付いたします。

Infineon increases supply security for silicon carbide by expanding the supplier base

Munich, Germany – 6 May 2021 – Infineon Technologies AG (FSE: IFX / OTCQX: IFNNY) has concluded a supply contract with the Japanese wafer manufacturer Showa Denko K.K. for an extensive range of silicon carbide material (SiC) including epitaxy. The German semiconductor manufacturer has thus secured more base material for the growing demand for SiC-based products. SiC enables highly efficient and robust power semiconductors that are used in particular in the fields of photovoltaic, industrial power supply, and charging infrastructure for electric vehicles.

“Our broad and fast growing portfolio demonstrates Infineon’s leading role in supporting and shaping the market for SiC-based semiconductors which is expected to grow 30 to 40 percent annually over the next five years”, says Peter Wawer, President of the Industrial Power Control Division at Infineon.* “The expansion of our supplier base with Showa Denko for wafers in this growth market marks an important step in our multisourcing strategy. It will support us to reliably meet the growing demand mid to longterm. Furthermore, we plan to collaborate with Showa Denko on the strategic development of the material to improve the quality while cutting costs at the same time.”

“We are proud to be able to provide Infineon with Best-in-Class SiC material and our cutting-edge epitaxy technology” says Jiro Ishikawa, Senior Managing Corporate Officer from Showa Denko K.K.. “Our aim is to continuously improve our SiC material and develop the next technology. We value Infineon as an excellent partner in this regard.”

The contract between Infineon and Showa Denko K.K. has a two-year term with an extension option. Infineon has the industry’s largest portfolio of SiC semiconductors for industrial applications.

*Source: Yole, "Compound Semiconductor Market Monitor-Module 1 Q1 2021", April 2021

About Infineon

Infineon Technologies AG is a world leader in semiconductor solutions that make life easier, safer and greener. Microelectronics from Infineon are the key to a better future. In the 2020 fiscal year (ending September 30), the company reported revenue of more than 8.5 billion euros with a workforce of 46,700 people worldwide. Following the acquisition of the US company Cypress Semiconductor Corporation in April 2020, Infineon is now a global top 10 semiconductor company.

Infineon is listed on the Frankfurt Stock Exchange (ticker symbol: IFX) and in the USA on the over-the-counter market OTCQX International Premier (ticker symbol: IFNNY). Further information is available at www.infineon.com

This press release is available online at www.infineon.com/press

Follow us: Twitter FacebookLinkedIn

  1. 注1 特性均一性:ウェハーの特性を決める窒素のドープ(添加)が均一にできているということ。SiCパワー半導体はSiCに窒素をドープして製造するが、高電圧用途に用いるにはドープ量を少なくかつ薄く均一にする技術が求められる。
  2. 注2 低欠陥密度:1㎠あたり何個の欠陥があるかで判断される。欠陥が存在するとそこから電流が流れてしまいデバイスとして使用できなくなるが、大電流に対応するためSiCチップが大型化するため、デバイスの歩留まり向上には欠陥密度を下げる必要がある。当社第2世代品(HGE-2G)は、当社従来品HGE)に比べ1/2以下の表面欠陥密度を実現した。

【インフィニオン社の概要】

会社名
Infineon Technologies AG
所在地
ドイツ バイエルン州ノイビーベルク Am Campeon 1-15
設 立
1999年4月1日
主な事業
半導体メーカー、特にパワー半導体市場で世界シェア1位(19.0%)を有する。
(Omdia,"Power Semconductor Market Share Database 2020")
売上高
8,567百万ユーロ(2020年度)
従業員
約46,700人(2020年度)

◆お問合せ先:
CSR・コミュニケーション室 03-5470-3235

ページトップへ