FCBP®加工技術

よみがな
えふしーびーぴーかこうぎじゅつ
英語名称
Free Curve Bending Process
製品の別名
  • 多次元曲げ技術
この製品について問い合わせる
お問い合わせ先
アルミ機能部材 自動車部材営業部 自動車部材グループ

製品説明

当社製スペースフレーム

FCBP(Free Curve Bending Process)は、アルミ押出形材を三次元の自由曲線に曲げる技術です。昭和電工では、小型から大型までの各種FCBP設備をそろえ、曲げ加工に最適な材料から曲げ加工までを一貫して行います。

[特長]

  • 一つの金型で自由な三次元曲げ形状が得られる。
  • CPU制御により、形材の再現性が高く、生産性が高い。
  • 異形断面の曲げに適している。
  • 曲げ部の断面変形、肉厚変化が少ない。

[FCBPの原理]

アルミ押出形材を後ろから押しながら、固定型を支点として5軸に動く可動型で曲げることにより、自由曲線の曲げ形状が得られる。

[曲げ形状例]

当社製ラダーフレーム

車両用シートフレーム

バンパレインフォース

[加工範囲]

小型から大型までの断面形状で、長尺材でも対応可能。

お問い合わせ先
アルミ機能部材 自動車部材営業部 自動車部材グループ
TEL :03-5470-3270
FAX :03-5470-3775

このページおよび添付ファイルに記載されているデータは代表値であり保証値ではありません。