事業紹介

炭酸事業

環境に配慮して製造した液化炭酸ガスをお客様へ安全・安心・確実に提供します。

当社の主力製品である液化炭酸ガスは、川崎工場及び四日市工場を製造拠点とし、自社スタッフによる原料から製品に至るまで一貫した厳しい品質管理の下に製造しています。ここで生産する優れた品質の液化炭酸ガスは、国内はもちろん、アジア諸国にも広くお届けしています。
また、川崎工場は、液化炭酸ガスの国内最大級の生産能力を誇っているうえ、昭和電工株式会社で運営する「プラスチック・ケミカルリサイクル*」からの副生ガスを原料として利用することで、循環社会の構築に貢献しています。
なお当社では、化学工場等から副生ガスとして発生する炭酸ガスを原料として有効利用しています。
したがって、空気中の炭酸ガスを増加させておらず、地球環境に配慮した製品づくりを進めています。

液化炭酸ガス製造プロセス

アンモニア製造や石油精製等から副生ガスとして発生する原料炭酸ガスを水洗浄、圧縮、精製、脱湿、液化した後、最終工程をして、精留塔でイナートガスを除去し、純度99.99%以上・水分10ppm以下の高純度液化炭酸ガスを製造します。
製造された液化炭酸ガスは専用の貯槽に貯蔵し、タンクローリーや高圧ガス容器に充填してお客様にお届けしています。

川崎工場

川崎工場                

四日市工場

四日市工場

ページトップへ

液化炭酸ガスの用途

  • 食品・飲料分野

    炭酸飲料、食品冷却、急速凍結、食品保存、食品加工、低温物流

  • 工業分野

    CO2アーク溶接、成形品バリ取り、金属の冷やし嵌め、サブゼロ処理、化学品原料、超臨界処理、鋳物、半導体洗浄等

  • 環境分野

    アルカリ性排水中和処理、樹脂発泡、炭酸冷媒、植物促成栽培

  • 医療分野

    医療用炭酸

炭酸飲料

炭酸飲料

フレッシュパック

フレッシュパック

植物促成栽培

植物促成栽培