製品・商品情報

自動バリ取り装置

液化窒素または液化炭酸ガスの冷却力により、ゴム、ダイカスト、プラスチック等の成型品のバリを脆化させ、高品質のバリ取りを行います。

バリ取り処理

概要

バリ取り用途

液化炭酸ガスや液体窒素が持つ冷却力と、成型部品の低温脆性を利用し、バリ取りを機械的に行う装置です。
本装置の冷凍法は、従来のスタンプ打技法等のバリ取り技術に代るものです。
この冷凍法とは、成型品を凍結させることにより脆弱化した部分を機械的に破壊し除去する方法です。 例えば、ゴムは温度を下げていくと、硬化→脆化→結晶化と次第に弾性を失い、特に脆化温度以下では僅かに変形しただけでも破壊し除去することができます。 液化炭酸ガスや液体窒素による急速冷却で成型部品は、バリ部分と製品本体に硬度の差が生じ、早く硬化したバリ部分は脆化状態となり、メディアとの衝突により短時間で容易にバリの除去が行われます。

ULTRASHOT (ウルトラショット) カタログ(pdf:270KB)

プラスチックメディア(ポリカーボネード)を高速で衝突させ、低温脆性により脆化したバリを取る低温ショットブラスト装置。

  • ULTRASHOT NS-H

STK-TUMBLER (タンブラー) カタログ(pdf:127KB)

バレルの回転運動によりメディアを投撃し、低温脆性により脆化したバリを取る装置。

  • STK-TUMBLER 60A
  • STK-TUMBLER 100A
  • STK-TUMBLER 150A
  • STK-TUMBLER オプション装置

中国 製造販売会社:南京昭凌精密機械有限公司

ページトップへ

お問い合わせ先

産業機材事業部
TEL : 044-333-7361
FAX : 044-333-7538

この製品について問い合わせる